妊娠中の温泉旅行について

私は妊娠中に二回ほど温泉旅行に行った事があります。やはり何かとストレスが溜まる妊娠期間ですから温泉でのんびりして上げ膳据え膳を楽しみたいと思う気持ちが人一倍強かったのだと思います。そういう意味では温泉旅行は妊娠期間をより快適に過ごす為に大きな意味を持っていたと思います。

温泉旅行に訪れたのは、それぞれ妊娠6ヶ月の時と妊娠8ヶ月の時でした。妊娠6ヶ月の時はお腹のでっぱりもそれほど大きくなかったので特に気をつける事は無かったと思いますが、妊娠8ヶ月目の時は、かなりお腹の大きさが目立ち、バランスも崩しやすかったので温泉に浸かる時にはとても注意しました。お風呂の周りは岩盤だったりして、結構滑りやすい素材の温泉が多いと思いますが、歩く時にはゆっくりと慎重にバランスを崩さないようにすると良いと思います。ただでさえ大きなお腹が足元の視界をさえぎってしまうので、注意する必要があるのです。

また熱い湯に長時間浸かる事は避けた方が良いと思います。温泉の湯はそれでなくて効用がじわじわと体内に入り込むような泉質になっているので、妊娠中には良くない成分も合ったりするかもしれないですし、何より熱い湯に入る事で血液がドロドロになりやすく血液循環が悪くなると赤ちゃんへの酸素供給にも響きかねません。

以上を気をつければ楽しくてリラックスした温泉旅行が楽しめること間違い無しです。たまの温泉旅行で妊娠生活を,もうひと頑張りするエネルギーチャージをすることは大切な事だと思います。