長湯に注意すればむしろいいのでは?

一昔前までは温泉地の注意書きにも妊婦が温泉に入ることを禁じているところもありました。それが原因で今でも妊婦が温泉に入ることは禁じられている、もしくは避けるべきことだと思われている方が多いです。

かつて妊婦が温泉に入ることを禁じていた理由は抵抗力の落ちている妊婦が、公衆が利用する温泉に入ると感染症などに罹患するリスクがあったためです。

またのぼせやすくもなっているので長湯の結果、妊婦の体に負担がかかっての流産のリスクや、のぼせることによる転倒のリスクがあるのも禁じられている大きな理由でした。そうしたリスクを放置することによる損害賠償などを避けるという意味合いもあったのかもしれません。

しかし今は医学的に具体的な問題点が指摘されているわけでなく、むしろ各種効用による体へのメリットを大事にする考え方も出てきており、正式は温泉地で妊婦の入浴が禁じられているわけではありません。

ただ、長湯による転倒のリスクなどは依然として存在しており、自分の健康状態によくよく気を使った上での利用が推奨されます。

当然普段より体調は崩しやすくもなっていますし、気をつけるべきところは日常と同じく気をつけるべきですが、入ること自体が悪いわけではありません。

妊娠中の温泉

元々温泉が好きなので妊娠中、温泉に行きたくなるときがありました。1人目のときは雑菌が入って赤ちゃんに何かあったら心配で慎重だった私ですが2人目になると少し寛容になり大丈夫だろうという気持ちになっていました。

しかし主人は上の子を連れての温泉は何かあってはいけない。もしも走りだして追いかけて滑って転けてしまったら…貧血もあったので貧血でクラクラしてしまったらどうする?ととても心配していて話し合った結果、温泉は家族風呂にすることにしました。

家族風呂にすると時間は限られてきますが主人もいるので安心して入ることが出来ました。色々なお湯に入ることは出来ませんが家族でゆったり温泉に浸かってゆったりするととてもリラックス効果がありお腹の赤ちゃんにも良い影響があるのではないかなと思います。

しかし妊娠後期になると何かあったときにすぐ病院に行けなくても困るのと熱いお湯に長時間浸かるのも洗うのも億劫になってきていたので私は温泉には行きませんでした。温泉旅行に行くなら安定期に入って落ち着いているときに行くと良いかなと思います。

客室露天風呂か旦那さんも一緒に入れる家族風呂もしくは1人ではなく一緒に入れる人がいるなかで入ることをオススメします。

季節が良くなくと食欲がまして顔が太った!

毎年、夏が終わると一気に食欲が大爆発して暴走します。

行列のできるスイーツ店のケーキ、外でも自宅でもパンケーキは大好き。季節柄ラーメンやうどんも毎日でも食べたくなり大変です。

それに加えて私の場合は食事の時に飲むビールと、寝酒のワインがやめられず!翌日朝には秋にはまん丸になる顔が、更にパンパンになる事があります。

冬に向けて、沢山の美味しいものが出てくるので、何とか秋の間に顔痩せしたいと思っています。

そこで私が最近実践しているには、顔の筋肉を動かして、痩せやすくする顔面筋肉体操と、リンパを流す方法です。

まず、顔の筋肉を動かす体操とは、くちを大きく開けて、あいういえ。あいうえお。とはっきりと言います。

あいうえお。を10セット言ったら、今度は口を立てに大きく開けて、横に口を開いてと繰り返します。

仕上げては目をまんまるくして口をすぼめます。

この顔の筋肉体操を毎日お風呂の中で5~10分程度始めました。

次にぐーの手を作り、顔のリンパを流していきます。やり方はネットで見たのですが、専門家の指示をうけたわけではないので、あくまで雑誌を見ての自己流です。

顔の上から下へ流して、最後は鎖骨の横から流します。やはり5~10分程度しています。

どれくらい効果が出来るかは今後のお楽しみになりますが、今後は顔痩せの為に美顔器などを購入したりヘッドスパをするなどして本格顔痩せに取り込んできたいと思っています。